とうえのブログ

若年性パーキンソン病でアラフォー難病女子の自由な思いや日常

休みも休まれぬ介護の24時間連絡体制という闇

こんにちは、とうえのです。

 

世の中三連休最終日ですね。

どこの世界線の世の中なのかわかりませんが。

 

というのも、介護業界に20代から飛び込み、早十数年。

現場というジャンルの時は連休なんてあったかな?

 

デイとかホームとかだと休みって月○回という職場が多数でしたね。

なので2連休とか取ろうものなら、その月のシフトで確実に5〜6連勤というしわよせがきます。

 

お盆や年末年始も営業している介護施設では、お盆休みや正月休みなんて取りにくい…。

新人だと尚更ベテランに気を使ったりする。

 

休みは労働者の権利なのにね。

個人的だけど家庭を持っている人たちが割とお盆や正月の休みを優遇される、気がします。

 

さらにはその時期の休みを希望する人たちが多いと「出勤できる人がいないから出てもらえる?」とシフト作成者から頼まれたり。

ズバッと「無理です!」と断れる猛者も中には居るけど、大概はしょうがない、と受け入れてしまう。

 

この業界人は心が優しい人が多いんですよ?

 

そういえば居宅ケアマネ時代には年末年始は数日の連休があったのを思い出しました。

だけどもだけど、24時間連絡体制というその名の通り24時間常に相談対応を確保するというやばい仕事があり、ぶっちゃけそれでメンタル崩壊しました。

 

職場の転送用携帯電話にかかってきた連絡に対応しないといけないので休みでも気が休まらない。

誰だよ困難考えやがったの…、と殺意が湧いていたのは苦い思い出です。

 

二泊三日の旅行先にも携帯持ってったなぁ…。

お役所なんかの暦通りに休みがある職種を羨んだものです。

 

羨む時点で逃げればよかったのにね。

休みの時には仕事のことは考えないことができる優しい世の中になりますように。

ケアマネ職の引退カウントダウンしたい

私はケアマネという職種で今の職場で働かせて頂いています。

自分の意思で仕事に就きました。

 

ケアマネの仕事をしてきて「職業ケアマネです」と言うことが許されていました。

でもそれもこれも限界ですね。

 

施設のケアマネもしてきたし、居宅のケアマネも経験しました。

能力は低かったと思いますが、若さによる気力体力で今までやってこれたんですよね。

 

今の今までケアマネとして勤めてこられた自分を褒めれます!

だけど現在はもう限界

 

身体がこんなんじゃなければなー、という後悔しかないのですが、そんなん今更ですけどもね。

というか気にしすぎるこの性格のせいで、背負わなくていい苦労をしてきてしまったのは事実。

 

あと経験もレベルも低かったけど、自己研鑽を怠ってしまっていたのも事実。

「自分ケアマネに向いていないのかも…」と悩んだことも多々あります。

 

そんなこと悩む前に勉強すればよかったのにね。

たらればの話はしたくないけど、過去を思い返すと後悔が溢れ出てしまう。

 

病気でケアマネどころか、普通に就労が難しいことはわかっています。

今の職場だからケアマネとして居ることができるのです。

 

それは感謝感謝。

動く身体だったらなあ…、とはずっと思っていますが、病気のせいなのでしょうがないしょうがない。

 

ただね、辞め時がわからない

辞めてプレッシャーや気を張り詰め続けていることから解放されたいと言う気持ちと、まだ辞めたくない、もう少しだけケアマネでいたい、と言う気持ちがゆらゆらゆら〜りと。

 

でもやっぱり年内かな、と考えています。

薬の効きが悪い時は大人しくしていたい

こんにちは、とうえのです。

 

パーキンソン病の薬の効果について、長い期間飲んでいるせいなのかわからないけれども、効きが悪い時があるんです。

仕事の時が一番困る〜ー!!

 

昨日やっちまいましたよ、薬の効き目が弱くて足に力が入らなくて後へどーーーんと盛大に転倒。

他の職員がいたのにね。

 

立っているのに足が踏ん張り切れなくて後退りして背中強打、という転び方。

この転倒の仕方は自宅ではしょっちゅう起こるのですが、職場では初めてで背中を打ちつけた痛みとかよりも恥ずかしさの方が勝ってしまい、参りました。

 

退勤10分前だったけど、もう仕事どころではなかったです。

薬の効きがよろしくなくなる原因はすでに自分なりに特定はしていたのですが、避けられなかったですね。

 

ストレスとか精神的な揺らぎとか、身体の疲れとか昨日までにそれらの原因がフルコンボで発生していたのは気付いてましたよ。

見て見ぬふりができなかったんですね。

 

精神修行でもすればいいのだろうか?

 

最近雨降りを理由にウォーキングサボっていたし、下肢筋力の筋トレもサボっていたし、言い訳ばかりが出てくるなあ。

病気のせいにすることは簡単だけど、自己メンテナンス不備は自分のせい。

 

仕事と治療の両立、なんて今いる職場では人手不足とか介護の職種とかで難しいね。

出勤すれは人員1名としか見られないので。

 

「今薬の効きが悪くて、足に力が入らなくて…」

なんてこと言えるわけがない!

 

というか薬の効き目なんて日による時間によるタイミングによる、自分自身の精神によるので、どうすることもできやしない。

どう考えてもこの病気になっている身体では詰みですよ。

 

頑張れ自分、絶対そのうち楽になれる日が必ずくるよ。

 

本音は今すぐにでも楽になりたいんです。

気力を保つのは難しいね

こんにちは、とうえのです。

 

なんかもー何もしたくないっ!

やる気も気力も湧き上がらない時が多くなりました。

 

でも人間でいる限りはやらないといけない作業が少なからずあるんですよね。

お金のための義務労働は仕方なしだけども、動きたくない横になっていたいのに発生する生理現象とか。

 

病気に罹ってから今までできていたことがやりにくくなっていることにショックを受けています。

パーキンソン病の薬が効いていない時間帯の身体の不自由さが毎日毎日発生して苦痛を味わっているのが気力を削ぐ原因の一つ。

 

今までの「なんでもできる自分」が「あれもこれもそれも今までのようにはできなくなってきた自分」に変わってきたことは、心にダメージを負わせるのには十分な理由なんです。

この世界に生存するという気力が確実に減っています。

 

数年前から発症している手根管症候群からの両手指先の痺れがどんどんひどくなっていて、今では指先の感覚がない指もあり、この症状にも参っています。

服のボタンがかけれなかったり、袋系のものが開けられなくなったり、指先に力も入らないのでやれていたことが困難になり、日常生活がスムーズにいかないので気力がなくなるのも当たり前。(自論ですが)

 

これほどまでに気力ってなくなるもんなんだなと、逆に感心してしまうほど。

こんなはずじゃなかった、とか勝手に一人で絶望感に浸って毎日のように涙を流していた時期もありました。

 

今は日々生きるのに必死、とにかく日課をこなすので精一杯。

しんどい辛いが半分以上な状態なので、小さな幸せ探しをしています。

他人からの負の感情に気づかないのは幸せだね

人間生きていれば色々な人と関わります。

人間関係を良好に、スムーズにしていくことって難しいですよね。

 

相手が自分をどう思っているのかとか気にしすぎると疲れますが、相手を思いやる気持ちで関わっていけば割とトラブルは起こりにくいかと思います。

人付き合いが上手い人や人から好かれている人というのはトラブルを回避する力がある人じゃないかと。

 

嫌われないように振る舞おうとか考えながら関わっている努力型のタイプの人もいれば、人付き合いが上手い生まれつきの天才タイプもいて、ほんとさまざまな人たちがいます。

人間関係のトラブルはできればないほうが良いのですよ。

 

ただね、確実にこの人と関わることは自分にとってデメリットだらけだ、と思わざるえない対象者と長い人生でエンカウントしてしまうこともあるんですよね。

自分はその人に負の感情を持っているので距離を取りたい、できれば関わりたくないと思っている人。

 

でも大人になって社会人にさせられて仕事場という場所においては近寄らないで欲しいといくら思っていても無理な場合があるんですよね。

「そんなの逃げればいいじゃん、辞めちゃえそんな人がいる職場なんて」

という意見の通り逃げたり辞めたりできればいいのにね。

 

自分には非がないのになんで自分が辞めないといけないんじゃ?!

その人の言動や行動が周りにマイナスしか与えないことが問題なんですー!

めっちゃ嫌われていること気付けー。

 

…取り乱しましたが、まあ他人と過去は変えられないと言いますが。

ほんと、その人には言っても無駄だったし響かなかったし関わるだけ時間の無駄無駄。

 

他人からの負の感情に気づかないのは幸せだね。

あんな風になろうとは決して思いませんがね。

 

今回感情の制御ができてませんね、未熟者でした。

薬に頼らなければならないこの身体

こんにちは、とうえのです。

 

身体の状態一つで心が上がったり下がったりと忙しいです。

薬の効きがよろしくない時は(大丈夫、大丈夫)と頭の中で必死に自分を守るために何度も何度も繰り返す。

 

生きていくためにはお金が必要。

お金を得るためには労働をしないといけない。

 

今の仕事を手放さないためにも揺らいでいる不安定な病状を上回る精神力でいないといけない。

最近気温とか気圧とかにも攻撃されて、精神的揺らぎが出てきています。

 

身体の、特に下肢の脱力感が出てくるので一番しんどい辛い。

デスクワークだけではない業務内容なので気を抜くわけにはいかない。

 

薬が効くように祈るしかできない。

あまりにもひどいな、と感じたらレボドパ薬を半錠だけ服用し、早く効いてくれるように祈るのみ。

 

ドパミンアゴニストが使えてたらいいのだろうけど、副作用がやばかったので使えない。

レボドパは1日の服用個数制限があるし。

 

仕事時間中はとにかく薬の効果が切れないように時間を気にして気を張っていて、すっごくつーかーれーるーまじで。

通常の仕事の疲れにプラスして疲れる要因が自分の中にあるとは、難儀な体になってしまったものですな。

 

おかげで仕事がない日は反動がすごくてぐったり。

ただ夜中〜朝薬を飲むまでの時間は気を張ることはないけれども、逆に薬が効いていないので身体しんどい、めっちゃしんどい。

 

薬飲もうかとも考えるけども、我慢する選択肢を選ぶ自分。

パーキンソン病睡眠障害もあり、スムーズに寝付けないし、夜中の1時とかに目覚める中途覚醒後の寝付けなくて病状がつらくて祈るしかできない。

 

神様助けて、神様助けて...

横になり、必死に繰り返し祈るしかできない。

 

それかしんどい身体で椅子に座り二次元へ逃避行。

願いはたった一つ、早く楽になりたいなー。

嫌なことには立ち向かうな[自分が大事]

最近の精神的な揺らぎの原因に、職場に利己的というか協調性が欠けている感じの人がいることです。

自分にも火の粉が飛んできて怖いんですよー

 

こんな人だったのかー、というすごく残念な気持ちでいます。

他の複数の職員からの話ではものすごい上からな話し方だったり、人の神経をえぐるような発言、マニュアル無視とか人の話を聞かない、自分本位な振る舞いとのこと。

 

その人の立ち振る舞いや言動で正直今の職場内の雰囲気が悪い悪い。

人手不足というのもありみんなギリギリのところで頑張っているのに、支え合ってがんばろーというのが崩されている?みたいですね。

 

参った、参りました。

正直私もその人の本質を知ってぶっちゃけがっかり感が半端ない。

 

愚痴になりますが、あの人には助言やアドバイスは響かないんですよ。何を言っても変化返してくるし、素直に受け止めれない人みたいなので、放置一択!

関わらないように対応することが一番

 

無駄なことに自分のヒットポイントや時間を費やす必要はないんですよ!

自分が大事、自分のことは自分が守らないと!

 

とはいえ、あからさまな態度を取ることは大人じゃないので、そこはきちんと挨拶はしますよ。

最低限の関わりだけでいいんですよ。

 

他人は変えられないので、自分が変わるしかない

その人のことを周りの職員方がちらほら批判し始めていることに気づいた時、助言やアドバイスをした時もありましたが、無意味でしたね。

 

若い頃ならとことん真っ正面からぶつかって行ったけど、もう今はそんな気力はない。

これ以上不快な思いはしたくないので、あの人が今後どうなろうが知ったことではありません。

 

自分が大事です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 病気ブログ パーキンソン病へ
にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村